スポンサードリンク
Page: 1/1   
◆英語をイメージ記憶術で覚える勉強方法
0
    ◆英語をイメージ記憶術で覚える勉強方法
    英文が表現していることを画像や動画でイメージ
    する記憶術を使うと英語記憶力がアップします。
    英語を見るたびに意図的にその意味を動画や
    画像でイメージをするだけでよいのです。

    なかなかイメージができない場合は、画像や動画
    を見て、それを言葉で伝える練習をしましょう。
    ほぼすべての英語が頭の中にある画像や動画を
    言葉にしているものだとわかるでしょう。

    イメージと英単語が結びつくので思い出しやすく
    なります。
    英単語や構文ごとに細かくイメージを使い分ける
    とさらに記憶力がアップします。

    抽象的な英文も論理構造を図解してイメージして
    理解すると英文を記憶しやすくなります。
    | 英語の勉強方法に関するブログ | 16:33 | comments(0) | - | - | - |
    ●勉強効率を根本的に変える英語の基礎の勉強方法
    0
      ●勉強効率を根本的に変える英語の基礎の勉強方法
      できる限り上から順番に行い、相互のシナジーを
      強く意識すると優れた英語の勉強方法ができます。
      リーディング、リスニング、スピーキング、タイピング
      のどれか一つだけを鍛えたい場合でもその分野の勉強効率
      が飛躍的に上がる基礎の勉強方法です。

      0.英語の子音・母音すべての発音を、
      日本語の音と混同しないように脳の運動前野
      に記憶させる勉強方法。
      *英語は発音が重要な言語です。
      音が意味を持ちます。
      文字は当て字と考えてもよいほどです。
      *LとRの聴きわけは必要ありません。
      LとRの発音の仕方だけ覚えます。

      1.フォニックスを学び英語と発音と文字を
      関連付けられるようになる勉強方法。
      *初めて聞いた英単語を聞き取りスペルを予測
      することが可能となります。
      英文をリーディングしていても脳の運動前野で
      正しい英語の発音が再生されるので英語に対する
      記憶力がアップします。

      2.英語のリズムを覚え、リズムに乗って子音・母音を
      聞き分けるようになるリスニングの勉強方法。
      *アクセントとその裏返しである音の消失が重要です。
      リスニングは脳の運動前野を通じて発音と密接に
      関係しています。

      3.英語で英語を説明するためにも使われる基礎の
      2000単語の意味を日本語で漠然と理解する。
      *日本語とつながっている感覚やイメージ
      を英語と直結させる英語の勉強方法です。
      日本語と英語はそれぞれ独立していること
      の理解が絶対必要です。
      日本語も英語も環境と文脈によって意味が
      定まってきます。

      4.英文法に沿った順番で英単語を見聴きすることで、
      英文の意味の範囲が絞られていくと感じるようになる。
      英文法を感覚として身につける勉強方法。
      *日本語を使って英文法の勉強を加速させる裏技もある。
      英文法は自由に使われる英語の共通部分を法則化
      したものです。
      環境によって個人個人で使い方が変わってしまう
      英語をできるだけ多くの人と通じる言語にする
      役割も果たしています。
      *英文の意味を頭から理解することが目的なので、
      意味がわかれば英文法を学ぶ意味はありません。

      | 英語の勉強方法に関するブログ | 19:57 | comments(0) | - | - | - |

      Calendar

          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      Profile

      Search

      Entry

      Category

      Archives

      Feed

      Mobile

      qrcode