スポンサードリンク
Page: 1/1   
オススメの英語資格・仕事にあわせた英語勉強方法を2
0
    オススメの英語資格・仕事にあわせた英語勉強方法を

    資格について、ちょろっと調べてみました。
    が、どの資格が良いのか良く分からないというのが現状です・・・
    添田さんがオススメするサイトとかってありますか?

    http://www.infotop.jp/click.php?aid=51536&iid=30770

    こういう資格もありますよ。
    どんな資格でも具体的に稼ぐ方法を想像できるもの
    を選ぶようにしてください。
    資格を苦労して取っても役に立たないことも多いですから。


    添田さんに教えてもらった資格、とってみようか検討中です。
    他にも良い資格はないのかな?

    在宅でもできる英語講師としてデビューするには
    かなりいい資格だと思いますよ。
    新TOEICやTOEFLや英検で好成績を収めて講師として
    の人気をさらに高める方法もあります。

    ◆英語勉強方法を工夫する目的(通訳ガイド)
    今通訳ガイドの資格に興味を持ってます。
    図書館で本借りてきて読んだり。
    難しい試験だろうなって思った。

    でも挑戦したい気持ちもあって。
    英語講師を何年かしたら、やってみたいなって今思ってます。
    アドバイスいただけますか?
    無謀な資格と分かっていますが挑戦してみたいんです。

    試験の難易度は下がっていますが、あまり儲からない
    割に合わない仕事(資格)になっています。
    どんな仕事も英語を使わない面倒な雑用があることが
    多いので、世間のニーズがあってもうかる仕事を選んだ
    ほうがいいと思います。

    参考に、2008年9月付けの旅行新聞社編集部
    の記事を引用させていただきます。

    「国土交通省はこのほど、通訳ガイドの就業実態調査の報告書をまとめた。それによると、登録している約1万2000人のうち、兼業も含め

    、通訳ガイドとして就業している人は26・4%に過ぎない。専業者に至っては約1割。つまり1200人程度か。また、専業者であっても年収

    100万円未満が、なんと約4割を占める実態が明らかになった。訪日外国人が急増し、2010年にも1000万人を突破する勢いだ。国は次の目

    標である2020年の訪日外客2000万人をも見据えて、「2011年までに通訳ガイドを1万5000人まで拡充」することを閣議決定している。しか

    し、単にガイドの人数を増やせばいいというほど、単純な問題ではないのである。国交省は8月21日に同実態調査の報告会を開いた。その

    場で、現場の通訳ガイドが涙ながらに、生活できない窮状を訴えていた。同調査によると、通訳案内就業者の54・5%が年間稼働日数30日

    以下。年収については、就業者全体の62・2%が100万円未満。専業者に限ってみても、年収400万円以上がわずかに全体の9・0%と1割に

    も満たない。その一方で、100万円未満が38・8%と約4割。100万円台が14・7%、200万円台が16・4%、300万円台が14・2%と、国家資格

    でありながら、現状では通訳案内士として生業が維持しづらい状況なのだ。」

    特別な理由や戦略があれば教えてください。
    | 英語の勉強方法に関するブログ | 10:25 | comments(0) | - | - | - |
    英語の勉強方法【高校の時】
    0
      英語の勉強方法【高校の時】>●


      今回は、『英語の勉強方法【高校の時】>』というテーマの記事です




      ★興味のある方は読み進めてください



      僕の英語の勉強方法は、高校に入ると少し変わりました。
      中学の時に比べて、大学受験の影響もあり、少し勉強方法を
      意識するようになったのです。



      時々、高校の近くの書店に行って、英語のみならず
      大学受験全般の勉強方法を研究していました。
      このおかげで『大学受験的』にはかなり強くなれました。


      また、英語の勉強方法一般に関しても、高校の時は留学を
      考えていたこともあり、かなりよくなったと思います。



      実際に話すことを意識した英語の勉強方法に変えようと
      努力はしていましたので。
      発音も結構よくなりました。(後に東大で褒められるほど)
      しかし、医師Dr.teruki(テルキ)さんの英語の勉強方法を知った
      後だと少し見当はずれの発音勉強方法をとっていたと後悔…



      でも、高校の時は、頭を少し英語脳に変えられました。
      英語は英語で理解するということを徹底した結果ですね。
      これは、高校の時の最大の収穫だった気がします。



      フォトリーディングや速聴、速読に挑戦していたこともあり、
      英語を読むスピードが飛躍的に上がりましたし^^
      高校の時の英語の勉強方法は、甘かったけど、中学の時と
      比べるとはるかにレベルアップしていました。



      英語の勉強方法についての情報を集めるようになると、
      自然と英語の勉強方法のレベルもアップするのですね。
      とりあえずダメなりにでも考えることが大切なのでしょう。


      ●英語の勉強方法<懐かしき高校時代> ポイント●


      英語の勉強方法の情報を集めたので、高校時代はまあまあだったかな。


      ●英語の勉強方法<懐かしき高校時代> ポイント 終●

      ●英語の勉強方法<懐かしき高校時代> 完●



      今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

      ぜひ、またご来訪ください。


      次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。
      | 英語の勉強方法に関するブログ | 23:50 | - | - | - | - |
      英語の勉強方法【中学の時】
      0
        英語の勉強方法中学の時】●


        今回は、『英語の勉強方法中学の時】』というテーマの記事です




        ★興味のある方は読み進めてください



        僕の英語の勉強方法は、中学の時は本当にひどかった。
        必要以上に文法の理解に力を注いでいました。
        そして、すべての英語を日本語を通じて理解することに
        努めていました。



        やはり、変な英語の勉強方法がたたったのか、
        英語はほとんど話せない状態でした。
        絶対に英語圏の人が聞いたら何を言っているか、
        わからないような発音をしていたのです。



        さらに、なぜか学校のテストですらあまり点数を
        取れませんでした。
        特に中学一年生の時は。



        今、もし当時の僕に英語の家庭教師をするとしたら、
        まず
        『発音記号をしっかり覚えながら、
         英語のフレーズをそらんじる勉強方法』
        を薦める。



        中学の時には、これをやるのが一番だと思います。
        本格的な英語の勉強方法の観点から言っても間違いないし、
        中学の時なら、単純にこういう暗記のほうが楽しめたとも思う。



        複雑な文法はどうせわからないのだから、文法の知識を少しずつ
        ためながらも、基本は丸暗記で薦めるのがよかったと思う。



        そうすれば、中学の時からかなり英語ができるようになっていたはず。
        まあ、今さら後悔しても仕方がないことですが。


        ●英語の勉強方法【中学の時】 ポイント●


        中学生も知って置くべき医師の英語の勉強方法に書かれている内容を
        参考にすると
        『発音記号をしっかり覚えながら、
         英語のフレーズをそらんじる勉強方法』
        が中学の時の英語の勉強方法としてオススメかな。


        ●英語の勉強方法【中学の時】 ポイント 終●

        ●英語の勉強方法【中学の時】 完●




        今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

        ぜひ、またご来訪ください。


        次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。
        | 英語の勉強方法に関するブログ | 23:36 | - | - | - | - |
        顔文字を使う英語勉強方法!?
        0
          今日は、ちょっとだけ顔文字英語を勉強してみました。
          こういうことをやるのも面白いですよ。
          さらに英語勉強方法を開発する気力がわいてきます。


          ↓この超オススメ英語勉強方法教材にさえ載っていないものです!

          ★(増補・音声付)TOEIC(R)で920点を取った医師の英語勉強方法


          まあ、そんなに意味がないってことですね(笑)


          そのうち何個かピックアップしてみます!
          わかりますか?

          :-)

          :-I

          :#)

          なんだこれ?って感じですよね?


          一度見方をしれば、すべてよくわかるのですが。
          初めて見たときはなんだかよくわかりません。



          日本人と発想が90度違うのですね。
          ここにも、英語勉強方法を考え出すヒントが隠れているかもしれません。
          本当かな?



          では、よくわからないという方のために、
          答えを用意しておきますね。


          ↓正解はこちら!


          :-)basic smiley うれしい時も、冗談の時も、皮肉を言う時も使われるスマイリーです☆
          :-I indifferent冷淡・無頓着・退屈・無関心などの感情を表すんですよ〜。
          :#)drunk smiley酔っ払っている状態を指すんです!
          この記号を使うようにしたら英語力が上がるかも。

          ちょっとだけ英語思考です。
          こんな英語の勉強方法もありかな〜って思ってみたり。



          いろいろな視点や切り口から英語勉強方法を考えて見ます。


          ありがとうございました!!
          | 英語の勉強方法に関するブログ | 20:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ジングルズの効果はいかほど?これも英語勉強方法
          0
            英語の発音は得意ですか?
            この質問にYESと答えられる日本人は少数派でしょう。
            多くの人からあこがれられる存在です。


            たまに、『独自の』発音をしていて驚かされることもありますが^^;
            なんか英語っぽいけど発音が違うのは、聞いてて少し恥ずかしいです。


            英語の発音がきれいだとかっこいいですよね〜。
            特に、その発音がネイティブみたいなホンモノだったらたまりません。
            日本人はなぜか発音の練習にあまり励みませんね。


            ネイティブの発音をすると馬鹿にされるのが、学校の授業の相場です。
            よくそういう笑い話、耳にしませんか?


            この教材を読むと、発音の大切さを痛感できます。
            個人的にNO1といっている英語勉強方法です。
            英語の発音を駆使して、どれだけ英語勉強方法を根本的に変えられることか…。
            本当に驚くばかりです。


            ★(増補・音声付)TOEIC(R)で920点を取った医師の英語勉強方法★

            これを読むとめちゃくちゃ英語の発音をよくしよう!
            という意欲が湧きます!!
            というか、英語の発音を上手く使わないで英語の勉強するのは、
            非常に損をしているとわかります。


            発音をしっかり覚えることが
            「アルファベットの羅列」を「生きた言葉にする」
            秘訣なんですよ。
            そして、英語の勉強を加速させる英語勉強方法の秘密です。


            僕が高校時代に買っていた教材で
            ジングルズという英語の発音を勉強する面白い教材がありました。
            ジングルズの発音強化方法はハンパじゃありません。


            そして、本格的な雰囲気を出しながらも
            手軽に挑戦できます。

            ジングルズの効果はかなりすごいですよ!

            ものすごくレベルの高い発音をマスターするためのトレーニングです。

            英語発音コーチがついて、しっかり教えてくれます。
            自分ひとりでは、正しい発音ができているかどうかわかりませんから。

            「いい発音したつもりの人」に、
            発音が悪いという事実を痛感」させてくれます。
            僕の周りに痛感して欲しい人がたくさんいます(笑)


            すごいシステマティックで面白いものなので一度
            ご覧になってみることをオススメします♪
            発音をよくするために、筋肉を簡単に強化します。
            これなしに、よい発音をするのは、
            『普段筋力トレーニングをしていない人が、思いバーベルを無理やり上げようとする』
            みたいな無謀な挑戦です。


            まずは、書籍をチェックするといいです。
            書籍でジングルズの効果を試してみましょう!

            たいていの人は、レベル85からやるといいです。
            よっぽど得意な人はレベル86でもいいかもしれません。





            すごく立派な発音が身につきます。

            この書籍には、J-TEPの発音テストに関する情報も載っています。
            英語発音テストは珍しいですね。
            自分の発音のレベルが客観的に把握できてすごくいいです☆
            これは、英語勉強方法を根本的に変える第一歩となります。


            ありがとうございました!!
            | 英語の勉強方法に関するブログ | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

            Calendar

                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            Profile

            Search

            Entry

            Category

            Archives

            Feed

            Mobile

            qrcode