スポンサードリンク
Entry: main  << >>
英語の勉強方法に関する記事メモすべて公開
0
    英語の勉強方法に関する記事メモすべて公開

    ●英語の勉強方法はモチベーションアップと効率化が重要。
    英語の勉強方法で重要なのは勉強の効率だけではない。
    モチベーションアップの仕組みが大切だ。
    モチベーションアップの仕組みがない英語の勉強方法
    では英語の勉強は続かない。

    英語の勉強を開始することすらできないこともある。

    英語を勉強していて面倒だなと感じる
    と勉強の効率が落ちます。
    モチベーションも低下させます。
    その部分を排除するのが英語の勉強方法を作る際に重要です。
    勉強をする上で障害となる部分を取り除いた方法ならば、
    英語の勉強はとまりません。
    その上常に英語の能力は上がり続けます。

    余計な部分とモチベーションを低下させる部分を取り除けば、
    自然と英語を習得する英語の勉強方法が出来上がります。
    英語の勉強方法の原理をよく理解してモチベーション
    をアップすることが重要です。

    英語発音の勉強方法においてはフォニックスの知識
    を得ることに英語能力の向上を実感する必要があります。
    舌や唇など口腔周囲筋の使い方を覚えることに
    成長の実感を感じることも重要になります。

    勉強をするたびに英語力が向上している実感を
    与えられる英語の勉強方法を作るべきですね。

    ●グローバル化で英語勉強のモチベーションアップさせる方法
    英語勉強に対するモチベーションアップのために、
    英語を勉強するメリットを考えたい。
    より多く、より痛切に実感することのは英語の
    勉強を加速させるよい方法である。
    毎回の勉強にモチベーションという利子を足しておけば、
    英語勉強の成果は複利的に増大していく。

    世界で英語の重要性、費用対効果が急激に増大
    していることを実感する必要がある。

    英語圏での活度で世界的権威になった経営コンサルタント
    の大前研一さんが論理的思考を重ねて21世紀のグローバル
    社会で勝ち組になるために重要な3つの能力を
    「英語、IT,ファイナンシャル知識」としている。

    ドイツ、中国、韓国でも英語が猛烈に勉強されており、
    ビジネスでも学問でも英語が最低条件になっている。
    韓国のサムスンではTOEIC900点が新入社員の目標と
    する予定さえあるという。
    ドイツでもアメリカとのM&A関連で多くのビジネス
    マンが英語なしでは高い地位に就けなくなっている。

    英語を使える人間が増えれば増えるほど英語圏
    の質がよくなっていく。
    ビジネスでも科学でも政治でも常にリードする
    立場にある。

    国際情勢を知るにも英米の報道機関からの情報は
    欠かせない。
    日本の情報はマスコミの寡占状態に政府の圧力が
    加わり、もっとも低俗なものとなっている。
    ほかにも数十カ国の報道情報を英語ができれば
    入手することができ、ほかの人にはない知識を
    たくさん身につけて人生で成功できる。

    英語圏のマスコミはそれぞれが別の方向に偏って
    おり真実を見つけ出すのに役立つ。
    冷静に事実を分析できるようになれる。

    資産運用や株式投資も英語ができると運用範囲が
    広がり、日本のみで行うよりはるかに高い
    パフォーマンスが得られる。
    日本人のように金利1%以下の銀行に預ける
    ということはなくなる。
    また、急に資産運用や株式投資を思い立ち日本の
    レベルの低い知識で日本の市場において大損を
    することもなくなる。

    無料のポッドキャストも英語圏はかなり充実している。
    ニュース動画も相当な量があり、日本よりも徹底的に
    現場を取材している国際ニュースを知ることができる。
    CNNやロイターの国際情報の番組も非常に勉強になる。
    情報発信者も受信者も数が多く質が高い。

    ネットビジネスは日本にいても英語圏のインターネット
    に参加して稼ぐことができる。
    英語の勉強はネットビジネスの勉強方法としてもかなりよい。
    英語圏のネットビジネスを真似して日本に持ってくる
    だけでいつでも稼ぐチャンスがある。
    英語圏のハイレベルな企業の進出を仲介するのも
    かなり稼ぐことができるビジネスである。

    英語圏の個人事業主の日本進出を手伝うのも良い。

    他にも大量の目的とメリットが考えられます。
    あなたの目的やメリットをできる限り多く列挙
    して英語を勉強するモチベーションアップを図る
    のは非常に良い方法です。

    ●目的別の英語の勉強方法
    明確な目的がないと勉強のモチベーションが保てない
    だけでなく、無理やりやっても効果が出ません。

    例として私が英語の勉強方法を研究するほどに熱心な
    理由を英語を勉強する目的により説明します。

    英米のマスコミの情報をチェックする。
    インターネットで世界の実態について知る。
    アメリカの最先端のネットビジネスの事情を知る。
    英語でネットビジネスを行う。
    英語で日本に関する情報を発信して、国際関係の改善に努める。

    ●英語発音の勉強方法。
    日本語の延長で聞かずにまったく別の音と考える。
    発音の仕方を学んでリスニング力も高める。

    発音を理解できると英語に対する記憶力が
    アップする。
    英単語、英文の各要素を細かく理解できる
    ので、ほかの英単語、英文とよく区別できる
    ようになるからだ。
    全身の筋肉を使って英語を発音する感覚を使うと
    脳が英語を記憶すべき重要な情報とみなす効果もある。

    語頭と語尾でv、f、lの発音が変わるように、
    日本で使われている発音記号より多彩な英語の
    発音を理解すると発音もよくなるし英語脳の
    レベルも高まる。

    腹筋や肋間筋も使って発音する。
    日本人には特におとがい筋などの口腔周囲の筋肉の
    トレーニングが必要である。

    発音の基本を理解していれば母音を強くしないように
    気をつけながら声を大きくするだけでとりあえず通用
    することは多い。

    あいまい母音は奥歯を1ミリだけ話して発音する。
    英語発音の母音では口の開き具合が重要である。
    すべての母音の口の開き具合(奥歯同士、前歯同士
    の距離)を正確に覚えておこう。

    あいまい母音は奥歯をかみ合わせたまま発音し
    てもよいぐらいである。
    かみ合わせたままであいまい母音を発音してみると
    子音の間に挟まれたあいまい母音が発音されない
    理由が体感できる。


    英語発音用の変な英文は変な光景が強く記憶に
    残るので英単語なども覚えやすい。
    何度も繰り返してトレーニングをするので、
    どちらにしろ完全に覚えてしまうが。

    ouやauと発音には首の筋肉も必要となる。
    これらは一つの母音と考えて発音する。
    一つ一つの英語発音とは全く違うものと
    考えての勉強方法が有効である。

    自分の筋肉の動かし方次第で無限にいろいろな
    発音ができることを楽しみましょう。
    英語発音と筋肉の動かし方を関連付けた勉強方法
    は英語発音の特殊ルールを簡単に覚えるのに
    役立ちます。

    ●英語の勉強方法に信頼させる仕組みを。
    同じ英語の勉強方法を実践してもどれほど
    その英語の勉強方法を信頼しているかで
    結果は変化する。

    信頼によって実際の勉強内容は変わってしまう。
    外から客観的に見ても分かりにくいが脳の中では
    まったく別の処理が行われている。

    信用している情報を扱う場所とそうでない場所は
    別の場所だし勉強の効率も全然違う。
    科学的に根拠のある英語の勉強方法は効率がよい
    がそれを実践するものに科学的に知識がなければ
    信用できないし、誤解することも多い。

    科学的な根拠の他に日本人ならなぜか納得してしまう
    説明も利用して英語の勉強方法の信用を高めることが
    学習者の英語力を高めるのに役立つ。
    ●英語の勉強方法を英単語の意味から考える。
    英単語自体には実際には意味はありません。
    文章全体の中で初めて意味を持ちます。
    英文も前後の文脈によって意味が変わります。
    現実的には、その英語が使われる場所や時間
    などで意味は多彩に変わります。

    読み手が書き手に抱いているイメージも
    英文の意味に影響を与えます。
    英語も日本語と同じく個々の単語の意味が
    よくわからなくても使えます。

    なんとなくよく聞く言い回しを使えば、
    大体の言葉は通じるのです。

    ●英語脳を作る英語の勉強方法
    英語脳を作るためには英語を感覚やイメージと
    直結させる必要があります。
    英文、英単語、英熟語それぞれを適切な
    感覚やイメージと直結させるのです。
    英文、英単語、英熟語と感覚やイメージの
    対応関係は常に変化し続けます。

    感覚やイメージの細かい違いに対して対応
    される英文、英単語、英熟語を区別すると
    いうことは英語の表現力の向上を意味します。

    最初は日本語を使って英単語に対応する感覚や
    イメージを間接的に結びつけます。
    その後、英単語の発音やスペルと感覚やイメージを
    何度も交互に脳内で反復させます。

    英文、英熟語に対しても同様の英語の勉強方法
    が有効です。


    ●英語の勉強方法に対する考え方。
    英語により世界全体の知識レベルを高めるために
    日本人向け英語勉強方法を販売します。
    英語でのみ語られる世界レベルの知識を日本人
    のあなたにもたくさん得てほしいのです。

    あなたに英語を3ステップでマスターしてもらいます。
    それぞれのステップの英語の勉強方法については後ほど。
    ステップ1
    生の英語情報にふれ、それを活用しながら、
    英語能力を深めていくことができること。
    ステップ2
    教養のあるネイティブに対して情報を発信して、
    コミュニケーションを積極的にとる。
    英語圏で仕事や勉強を行ってもらう。
    ステップ3
    バイリンガルの人間しか到達できない
    境地まで英語力を高める。
    両言語の力にシナジーを働かせて、
    ネイティブの度肝を抜く英語情報を
    発信するようになる。

    ●効率のよい英語の勉強方法
    英語を勉強するときに「なぜ、こうなるのか」を
    一切気にしない方法です。
    この質問は英語勉強の効率を著しく落とす可能性が
    高いのです。

    英文法をよく理解する英語の勉強方法は非常に
    効率的です。
    上記の質問をする英語の勉強方法もそれほど違い
    があるように見えません。

    しかし、「なぜ、こうなるのか」という疑問は英語
    のあり方を決める原則が先に存在しているという
    重大な誤解をにおわせています。

    英文法は使われている英語のうち法則化してまとめ
    て覚えるとよい知識をまとめているだけです。
    英語が先にあり、英文法があとにあるのです。

    そして、共通理解がしやすいように後付けの英文法
    になるべく多くの人が正確に従うことが重視されます。

    英語の勉強は使われている英語をそのまま覚える
    方法が基本です。
    そして勉強効率を飛躍的に上げてくれる英文法の
    知識だけを覚えればいいのです。
    英語を勉強する効率が上がらないのなら英文法は
    まったく意味がないし、不要なものです。

    英語をそのまま覚えれば自然と英文法が身に付きます。


    ●英語の勉強方法における同士の重要性
    東大受験時代に大量に和文英訳、
    英文和訳をやっていて気づいたが、
    英語は動詞が中心の言語です。
    そして、日本語はその逆。
    形容詞が動詞の役割をもったりします。

    そのため日本人英語学習者は、
    主語+動詞〜ので英訳するべきところを
    主語is 〜と書きます。
    余談ですが、東大の英作文もここで差がついたりします。

    英語は、主語、動詞で始まる文が多いので、この順番で頭に浮かばないとだめなのです。
    主語は簡単に思い浮かぶので、日本人英語学習者が一番重視するのは動詞です。
    英語を聞くときは、動詞を中心に聞いてください。
    英文を読むときは、動詞を中心に聞いてください。
    英語を話すときは、動詞を中心に発想してください。
    英文を書くときは、動詞を中心に英文を組み立ててください。

    ●英文法より大きい英語の勉強方法
    英文法に従って正確な英文を作る能力を
    身につけたら次の段階に行きましょう。
    正確な英文法に基づく英文または意味の塊を
    英文全体の中に上手に配置することを考えるのです。

    この段階に達するとネイティブより優れた英語表現
    ができるようになります。
    日本語のネイティブでも大きな範囲で見たときにきれい
    な表現で書いたり話したりする人は少ないです。

    日本語のネイティブには「〜は」という主題を頭に持ってきて
    後ろの文章が上手に対応していないというミスが非常に多いです。
    英語のネイティブにも独特のミスがあるので、
    それを克服する英語の勉強方法が重要となります。

    英文全体としての質を高めるので表現の簡潔さや
    タイピングしやすさ発音のしやすさも重視されます。
    タイピングミスや言い間違いが減ってとても理解
    しやすい英語能力者になれます。

    ネイティブからもあまりのわかりやすさに非常に
    驚かれて、英語を勉強する方法を教えてくれ、と
    頼まれるくらいです。

    ●日本語を使った英語の勉強方法
    日本語の知識はそのレベルに応じて英語の勉強
    を効率的に進める方法として有効である。
    英語の文節単位ごとに直訳の日本語が当てられ
    ているテキストは英語の理解を速めてくれる。

    日本語で翻訳書を先に読んでおいてから英語の
    意味を理解する方法も有効である。
    英語と日本語の翻訳しきれない違いを見抜ける
    ようになれば、さらに有効な勉強方法となる。

    英語を英語で理解する勉強方法は、英語レベル
    が相当高くないと効率が悪すぎる方法である。
    日本語の意味を日本語で説明しきれないことが
    多いように、英語の意味も英語で説明しきれない
    ことが多い。

    日本語の考え方に無理やり英語をあてはめると
    いう間違えさえ犯さなければ、日本語を介する
    英語の勉強方法は非常に効率が良い。
    日本語の考え方が英語に反映されることは悪い
    ことではない。

    英語だけを聴いていれば、自然と英語を英語で
    理解できるようになることはない。
    英語とものや概念を結び付け続ける必要がある。
    ものや概念をしっかり区別できている日本語の
    支援があったほうが効率が良くなる。


    ●英語の勉強方法提唱者としてのスタンス
    あなたの英語力アップを保障するシステム。
    実行した英語勉強方法と実績をレポートしてもらう。

    英語にはライフスタイルごとの違いがあります。
    | 英語の勉強方法に関するブログ | 18:28 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Category

    Archives

    Feed

    Mobile

    qrcode