スポンサードリンク
Entry: main  << >>
●英語文法と効率のよい英語勉強方法
0
    ●英語文法と効率のよい英語勉強方法
    英語を勉強するときに「なぜ、こうなるのか」を
    一切気にしない方法です。
    この質問は英語勉強の効率を著しく落とす可能性が
    高いのです。

    英語文法をよく理解する英語の勉強方法は非常に
    効率的です。
    上記の質問をする英語の勉強方法もそれほど違い
    があるように見えません。

    しかし、「なぜ、こうなるのか」という疑問は英語
    のあり方を決める原則が先に存在しているという
    重大な誤解ゆえのもので無意味です。

    英語文法は使われてきた英語のうち法則化してまとめ
    て覚えるとよい知識をまとめているだけです。
    国家の体制を維持するために言語の共通部分を
    できるだけ増やした、とも言えます。
    英語が先にあり、英語文法があとにあるのです。

    そして、共通理解がしやすいように後付けの英語文法
    になるべく多くの人が正確に従うことが重視されます。
    過去の英語文法が今の英語に影響を与えています。
    現在では英語と英語文法には相互作用があるのです。

    英語の勉強は使われている英語をそのまま覚える
    方法が基本です。
    そして勉強効率を飛躍的に上げてくれる英語文法の
    知識だけを覚えればいいのです。
    英語を勉強する効率が上がらないのなら英語文法は
    まったく意味がないし、不要なものです。

    英語をそのまま覚えれば自然と英語文法が身に付きます。
    文法用語は覚える必要はないですし、いちいち
    すべての英語を文法の観点から説明的に理解する
    必要もありません。

    文法は英語の意味を理解するためのものです。
    論文などの意味の明確さが重要である英語を読む
    ときほど役に立つものです。
    文法は生ものなので最新の状態を常に保ちましょう。
    若ければ若いほど最新の文法に対応しているのが自然です。

    細かい英語文法の知識がなくても品詞分類ができる
    状態で大量の英文に触れることで英語文法を身につける
    ことも可能です。
    体系的な英語文法を日本語で学ぶ勉強方法のほうが効率
    はよいのですが、体系的な勉強方法に飽きた時は直接
    英文を覚える勉強方法も効果的です。

    ●動詞を重視する英語の勉強方法は日本人向け
    東大受験時代に大量に和文英訳、
    英文和訳をやっていて気づいたが、
    英語は動詞が中心の言語です。
    そして、日本語はその逆。
    形容詞が動詞の役割をもったりします。

    そのため日本人英語学習者は、
    主語+動詞〜と英訳するべきところを
    主語is 〜と書きます。
    余談ですが、東大の英作文もここで差がついたりします。
    完全に英語圏で過ごす時間が長くなるまでは、
    日本語で考えたことを瞬時に自然な英語に翻訳
    する能力も非常に大切です。
    バイリンガルの人間にとっては翻訳能力は非常に
    重要なのが当然です。

    英語は、主語、動詞で始まる文が多いので、
    この順番で頭に浮かばないとだめなのです。
    主語は簡単に思い浮かぶので、日本人には動詞の英単語を
    先に覚えていく英語の勉強方法が適しています。

    英語を聞くときは、動詞を中心に聞いてください。
    英文を読むときは、動詞を中心に聞いてください。
    英語を話すときは、動詞を中心に発想してください。
    英文を書くときは、動詞を中心に英文を組み立ててください。
    こうすることで日本語脳を英語脳に変えることができます。

    英語文法の知識の中でも動詞の使い方は日本人の
    英語勉強に非常に役立つものです。

    ●英語文法より大きい英語の勉強方法
    英語文法に従って正確な英文を作る能力を
    身につけたら次の段階に行きましょう。
    正確な英語文法に基づく英文または意味の塊を
    英文全体の中に上手に配置することを考えるのです。

    この段階に達するとネイティブより優れた英語表現
    ができるようになります。
    日本語のネイティブでも大きな範囲で見たときにきれい
    な表現で書いたり話したりする人は少ないです。

    日本語のネイティブには「〜は」という主題を頭に持ってきて
    後ろの文章が上手に対応していないというミスが非常に多いです。
    英語のネイティブにも独特のミスがあるので、
    それを克服する英語の勉強方法が重要となります。

    英文全体としての質を高めるので表現の簡潔さや
    タイピングしやすさ発音のしやすさも重視されます。
    タイピングミスや言い間違いが減ってとても理解
    しやすい英語能力者になれます。

    ネイティブからもあまりのわかりやすさに非常に
    驚かれて、英語を勉強する方法を教えてくれ、と
    頼まれるくらいです。

    ●日本語を使った英語の勉強方法
    日本語の知識はそのレベルに応じて英語の勉強
    を効率的に進める方法として有効である。
    英語の文節単位ごとに直訳の日本語が当てられ
    ているテキストは英語の理解を速めてくれる。

    日本語で翻訳書を先に読んでおいてから英語の
    意味を理解する方法も有効である。
    英語と日本語の翻訳しきれない違いを見抜ける
    ようになれば、さらに有効な勉強方法となる。

    英語を英語で理解する勉強方法は、英語レベル
    が相当高くないと効率が悪すぎる方法である。
    日本語の意味を日本語で説明しきれないことが
    多いように、英語の意味も英語で説明しきれない
    ことが多い。

    日本語の考え方に無理やり英語をあてはめると
    いう間違えさえ犯さなければ、日本語を介する
    英語の勉強方法は非常に効率が良い。
    日本語の考え方が英語に反映されることは悪い
    ことではない。

    英語だけを聴いていれば、自然と英語を英語で
    理解できるようになることはない。
    英語とものや概念を結び付け続ける必要がある。
    ものや概念をしっかり区別できている日本語の
    支援があったほうが効率が良くなる。

    | 英語の勉強方法に関するブログ | 09:09 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Category

    Archives

    Feed

    Mobile

    qrcode