スポンサードリンク
Entry: main  << >>
●英文法と効率のよい英語勉強方法の関係
0
    ●英文法と効率のよい英語勉強方法の関係
    英語を勉強するときに「なぜ、こうなるのか」を
    一切気にしない方法がオススメです。
    この質問は英語勉強の効率を著しく落とす可能性が
    高いので要注意です。
    英語文法の知識による分析は普通に読んではまったく
    理解できない英文に対してのみ行います。

    大量の英文を暗記することで無意識レベルまで英文法
    をなじませることが重要です。
    英文法をわざわざ勉強するのは、大量の英文を暗記
    するスピードを高めるためです。

    英文法をよく理解する勉強方法は非常に効率的です。
    しかし、「なぜ、こうなるのか」という疑問は英語
    のあり方を決める原則を言語の発生からラテン語や
    ゲルマン語などを辿って理解しないと解消されません。

    何でも英語文法で説明できるように理解するのは
    非効率です。
    余計な知識で英語の意味を誤解してしまいます。
    ほとんどのネイティブも学校で勉強したりしても
    実生活では役に立たないので忘れています。

    若い世代は独自の生活環境に合わせて英文法のルール
    を無視した英語を多く使います。
    若い世代の社会的発言力が増すにつれ過去に作った
    英文法のルールが正式に変更されていきます。

    英語の勉強は今現在使われている英語をそのまま覚える
    方法が基本で、最も効率的です。
    そして勉強効率を飛躍的に上げてくれる英文法の
    知識だけを覚えればいいのです。
    英語を勉強する効率が上がらないのなら英文法は
    まったく意味がないし、不要なものです。

    感覚で英文法がわかるようになることは、英文法を正確
    に理解することの先にあります。
    英文法を使った勉強方法が最終目的としていることなの
    です。

    英語をそのまま覚えれば自然と英語法が身に付きます。
    文法用語は覚える必要はないですし、いちいちすべての
    英文法を日本語や英語で説明する必要もありません。

    文法は英語の意味を早く理解するためのものです。
    より正確な理解のためには英文法だけでなく情報発信者
    の生活環境や関連しているテキストまで深く考慮する
    必要があります。

    論文などの意味の明確さが重要である英語を読む
    ときは細かい英文法の知識が役に立ちます。
    わずかなニュアンスの違いも誤解してはいけないからです。

    文法は生ものなので最新の状態を常に保ちましょう。
    若ければ若いほど最新の文法に対応しているのが自然です。
    自分が英語を使う場面に合った世代の英文法を使った
    勉強方法があなたに最適です。

    細かい英文法の知識がなくても、品詞分類ができるなら
    大量の英文に触れることで英文法を身につけましょう。
    体系的な英文法を日本語で学ぶ勉強方法も役に立ちますが、
    体系的な勉強方法に飽きた時は直接英文を覚える勉強方法
    も併用してさらに効率をあげましょう。

    最終目標は、大量の英文暗記により最新の英文法に
    ついていけるようになることです。
    新しくてかっこよく意味がよく伝わる言い回しを
    あなたが考えても良いくらいです。
    | 英語の勉強方法に関するブログ | 17:39 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Category

    Archives

    Feed

    Mobile

    qrcode