スポンサードリンク
Entry: main  << >>
英単語の覚え方を真剣に考える。
0
    ●最も効果の高い英単語の覚え方を真剣に考える。

    英単語には中心的な意味と代表的な意味がある。中心的な意味とは、抽象度を高めて英単語のさまざまな意味を類推できるようになるものです。代表的な意味は文字通りよくつかわれる意味であるが、英語を使う環境によって代表的に意味は変わる。

    この二つをよく考えて英単語の覚え方を考える必要がある。中心的な意味を覚えるとかなり応用がきくが、抽象的な概念を理解する能力が必要となる。母語で高いレベルの抽象理解能力を身につける必要がある。国語などの科目をまじめに勉強してきた日本人なら大抵見に付いている能力です。

    自分の環境に合わせて代表的な意味を覚える英単語の覚え方ならば、応用はきかないがすぐに成果が出る。一つ一つの意味を覚えていく勉強方法でも母語のように大量に覚えると応用がきく。母語により言語脳が鍛えられているので母語より少ない量の英単語の代表的な意味を覚えるだけでも応用できる。

    中心的な意味かどうかや、どういう場面での意味なのかを気にしながら英単語を覚える勉強方法は効率が良い。英単語がより意味のあるものになるからだ。

    ●英英辞書を使わない英単語の覚え方
    英単語の本来の意味を知るために、英英辞書を使うことをすすめる人は多いです。実際に英語で英単語を説明されると、英単語の意味が明確になることもあります。ただ、英英辞書を読んでもすぐに意味が理解できなかったり、すぐに覚えられなかったりする場合には、効率の悪い勉強方法になってしまいます。さらに、英英辞書を理解しても本当に正確な意味を知ることができるわけではありません。性格な意味を知っている英単語がたくさんあれば、新しい英単語の意味を簡単に推測できるようになるだけです。現実的には、その英単語が使われている状況をよく理解した上で、英単語に何度も触れ続けることで、すこしずつ正確な意味がわかっていくものなのです。

    日本語で英単語の意味を理解しようとすると、どうしても意味にずれが出てきます。ただ、意味にずれがあることを理解していれば、おおよその意味をすばやく把握できることには大きなメリットがあります。おおよその意味を把握した上で、英単語の実際の使用例に触れ続けることで正確な意味がわかっていけます。状況から英単語の意味を正確に予測するのに、日本語で英単語の意味を理解することは非常に役立ちます。

    そういう意味では、英単語と日本語の対応の限界を知っていれば、英和辞書でも十分と言えますが、もっと良い勉強方法があります。それは、日本語を使って英単語の細かいニュアンスをうまく伝えてくれる教材を使うことです。日本語の感覚で理解する際の問題点も明確に書かれているので、意味を勘違いすることをかなり防げます。そして、この勉強方法で英単語の意味を理解するスピードを早めた所で、正確な意味がわかる英文の中で使われている英単語の意味を覚えていくのです。これが究極の英単語の覚え方です。

    英単語の覚え方も含めて、最高の英語の勉強方法を実践したい方は、日本一の型のずば抜けた知識を活用してください。10カ国を使いこなすための、英単語の覚え方は、非常に面白いです。英単語の覚え方だけにとどまらず英文の覚え方も、今すぐ使える素晴らしいものです。 10カ国語を使いこなす!ラクラク英語マスター法を使って英単語の覚え方を習得するだけでなく、英語の勉強自体を成功させてください。
    | 英語の勉強方法に関するブログ | 15:00 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Category

    Archives

    Feed

    Mobile

    qrcode