スポンサードリンク
Entry: main  << >>
東大大学院の教育学研究科を受験の英語勉強方法
0
    ●英語勉強方法の相談

    来年9月に東大大学院の教育学研究科を受験予定です。
    現在はそこの科目等履修生として2コマ授業を受けています。
    入試に英語供扮冓顕鮗瓠砲あります。
    社会人に配慮してか、辞書持ち込み可能です。
    試験時間は2時間30分。
    問題数は2題。
    過去問を取り寄せ、添付ファイルのとおりです。

    つきましては、
    TOEICでポイント集を使わずに、600点取れる力が
    あると仮定した上で(RよりLのほうが得点がいいとした上で)、
    この10か月を活用して、どのように対策すると効率的でしょうか。
    英文解釈対策については、ほぼ無知です。
    高校生のときに予備校の先生から学んだ、
    無生物主語と強調構文の訳し方の記憶があるくらいです。

    1.単語集DUOなどはやるべきでしょうか。
    2.とりあえず以下を購入しましたが何もしていません。
    基礎英文解釈の技術100 新装改訂版 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略) [単行本]

    3.大学受験のように構文集を理解した方がいいでしょうか。
    4.TOIEC用の文法問題はほぼ理解・正解できたと仮定したうえで、
     何か取り組む文法書はありますか。
    5.以下のような添削講座は有効ですか。
    http://eigo-tokui.jp/
    6.過去問レベルのおすすめ教材はありますか。
    7.先生のチームメンバーで対応できる方はいらっしゃいますか。
    8.その場合、期間・費用はいくらくらいですか。

    以上、アドバイスいただければ幸甚です。お願いいたします。

    ◆東大大学院の教育学研究科を受験の英語勉強方法アドバイス
    「基礎英文解釈の技術100 新装改訂版」の知識を使って辞書で
    英単語を調べながら、何度も何度も過去問のよりよい訳を自分
    なりに作成する勉強方法を実践してはいかがでしょうか?

    自分での改善に限界を感じた頃に添削講座を活用されるといい
    と思います。東大大学院の教育学研究科の合格者も掲載されて
    いますし、専門なのでよいと思いますよ。

    過去問10年分の和訳を、英文を深く理解しながら暗記してしまう
    までやりこむことを第一目標にしてください。その後の勉強方法
    はこの勉強方法を実践した後の頭で考えるとよいと思います。

    今の時点で10カ月の長期の計画や勉強方法を考えても、
    無駄に終わる可能性が非常に高いです。
    過去問は明らかに傾向が別だと感じられる年度まで
    さかのぼるといいと思います。


    早々のご助言をいただきありがとうございます。
    まずは基礎英文解釈→過去問繰り返し
    を行いたいと思います。
    毎回のことですが、
    的確にアドバイスいただきありがとうございます。
    | 英語の勉強方法に関するブログ | 07:57 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Category

    Archives

    Feed

    Mobile

    qrcode