スポンサードリンク
Entry: main  << >>
パターン認識法で英会話を習得しましょう。
0
    ネイティブとしっかり英語で話すための英会話の勉強方法ならそのまま使える英会話フレーズ集を使う方法がおすすめです。この教材の発案者である「僕」と発案のきっかけとなった「先生」の会話を見てみましょう。本当に英会話を習得できる勉強方法は一般的な方法とは全く別物だとわかります。

    具体的な説明を以下で見てみましょう。


    さて、激選された単語を使用する事も重要ですが、
    英会話を学ぶ上で最も重要な点がもう一つあります。

    それは、「パターン認識法」というやり方で文法や言い回しを覚える事です。
    英会話を学ぶ上で最も重要な点がもう一つあります。

    下記の文を上から順に見て下さい。完全な説明文を見たくなったら、上記のリンクからたどってください。

    パターン1パターン2パターン3

    3つとも、オリジナルの文章は、3つか4つの単語なのですが、
    少しの変更を加えるだけで色々な言い方ができます。

    この様に少しずつ言い方を変えて学ぶ事で文法や言い回しなど
    たくさんの表現を覚えられる様になり外国人から咄嗟に質問を受けても
    自分の知っている文章に肉付けするだけで答えられる様になるのです。

    この「パターン認識法」。

    実は日本の学校ではすごい難しい言葉を付けられています。過去形、助動詞、分詞構文、仮定法、、、

    英語の読み書きであるならば、こういう文法のルールで勉強しても良いのですが、
    英会話はこういう難しい法則で覚えては絶対に行けません。

    会話をする時に気になって喋れなくなってしまうからです。

    パターン4

    英会話の教材は、難しい文法を教科書で説明するのでは無くて
    「パターン」を音声で聞いて自然に認識して覚えられる様に出来ていなければ駄目です。

    これ以外の方法で覚えてしまうと、文法を思い出すのに時間がかかったり
    なかなか覚えられなかったりしてしまう
    のです。

    私のクエッショニング教材はクエッショニングと激選された単語ともう一つ、「パターン認識法」を取り入れています。 


    | 英語の勉強方法に関するブログ | 15:55 | comments(0) | - | - | - |
    Comment








    Calendar

     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Category

    Archives

    Feed

    Mobile

    qrcode